歯科技工士の仕事内容

お口の美容と健康を支えるスペシャリスト

「歯科技工士」とは、歯科医療で使う「人工の歯」を作るスペシャリストです。歯科医院で治療を受けて歯を大きく削ったり抜いたりした場合、歯医者さんの代わりに患者さんのお口にピッタリの歯を作り上げます。

患者さんがずっと使い続けていく歯だから、自然に、快適に、気持ちよく使ってもらえるようなものを作りたい。いつでも気持ちいい笑顔でいられるような、美しい歯を作りたい――そんな想いを込めて、毎日技工物を作っています。

友和デンタル・スタジオの被せ物ができるまで

STEP1.ワックスで歯を作る

土台模型に、完成時の被せ物の形になるようにワックス分離剤を塗り、細かな形を整えていきます。歯の形は性別や年齢によって大きく変わりますので、歯並びや噛み合わせをはじめ、さまざまな要素を考慮しながら作っていきます。

STEP2.金属歯を作る

土台模型を金属の筒に入れて上から石膏を注ぎ、高温で焼きます。すると、土台模型につけていたワックスが溶けて空洞ができるため、そこに溶かした金属を注ぎ込んで固めます。固まったら周りの石膏を取り除いて、金属歯の完成です。

STEP3.金属歯を白くする

診療時に撮影した患者さんの歯の状態を確認しながら、金属歯を処理しプラスチックの焼きつけなどを行います。プラスチックを硬化させ、丁寧に形を整えたら、キレイに磨き上げます。

STEP4.完成

ピカピカの美しい歯ができあがります。

友和デンタル・スタジオについてご紹介しています

  • ページの先頭に戻る