本当にいい歯科医院を選ぶために

現在、歯科医院の数はコンビニエンスストアよりも多く、各医院がそれぞれの独自性をアピールするべくホームページを作る医院が増えています。ただ注意しなければならないのは、ホームページに書かれた内容がすべてではないということ。満足のいく治療を受けるためにも、下記のポイントに気をつけましょう。

症例数が多いだけでは不十分

ホームページ内で「症例数が多い」ということを謳っている歯科医院はたくさんあります。しかし、症例数は単純に「治療数」を出しているだけで、もしかしたら失敗した症例まで含めているかもしれません。「症例数が多い=腕がいい」とは思わず、治療結果も説明している医院を選びましょう。

設備が充実しているだけでは不十分

「最新の設備がそろっている」ということを強みとして謳っていることがありますが、実は高い機器を購入したものの使いこなせず、ほとんど使っていない医院もあります。どんな設備も使えなければ意味がありません。実際どのようにその機器を使っているのか説明している医院がいいでしょう。

肩書きだけの「認定医」に注意

歯科医療に関連する「認定医」の資格にはさまざまなものがあり、なかには学会にお金を払うだけで取得できるものや、何回か学会に参加するだけで取得できるものもあります。「認定医だから腕がいい」とは考えず、口コミなども含めて本当に実力がある先生なのかを確かめましょう。

「インプラント○万円」という表記に注意

インプラント治療には、金属の人工歯根(インプラント体)や人工歯(上部構造)をはじめとしたさまざまな材料が使われ、素材によって費用は異なります。一見すると安いように見えますが、実際は安さをアピールするために、インプラント体の金額だけを打ち出して安く見せているところもあるのです。実際は上部構造の金額などが入っておらず高額になることがほとんど。表示されている費用が総額かどうか確かめましょう。

適正価格かどうかを確認

自費治療の場合、医院によって治療内容や費用は異なります。治療後の保証期間も医院によって異なり、場合によっては保証がない医院もあるのです。あまりにも安い場合や高すぎる場合などは注意して、ほんとうに適正価格かどうかを確かめましょう。保証についても、治療後に定期的なメインテナンスを受けることが条件になっている場合もありますので、見落としがないようにしましょう。

  • ページの先頭に戻る