審美歯科で自然で機能的な歯を取り戻す

術前

術後

美しい歯を実現しながら、歯の機能性を総合的に修復する診療メニューが「審美歯科」です。審美歯科では、虫歯治療で入れた銀歯を自然な白い素材に交換できるほか、欠けてしまった歯を自然な見た目・機能に修復することもできます。

東京の歯科技工所「友和デンタル・スタジオ」では、自然で機能性の高い歯を取り戻すサポートとして、セラミックをはじめとした精度の高い素材による技工物を作製しています。

白く美しい歯を実現「セレックシステム」

「※クリックすると拡大します」

セレックシステムは、医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。 そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作 製できるので、一般的な修復物よりも経済的。また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、質の高い補綴物を作製することが可能です。

より正確で精密な技工物を作製「ジルコンザーン」

CAD/CAMシステムを超える精度をもつ機械です。単冠からフルブリッジまでのジルコニアフレームが作れ、CAD/CAMでは難しいケースにも対応できる高精度のコピーミリングシステムです。

当社の技工物の特徴

高い技術で「間違いのないもの」を

どんなにいい素材を使っていても、すぐに取れてしまうような技工物では意味がありません。友和デンタル・スタジオが大切にしているのは、患者さんがいつまでも快適に使い続けられるものを、確実に作ること。そのために、詰め物・被せ物を作る際には最初に必ず「仮の歯」を一度作り、途中段階で患者さんに装着していただき、調整するようにしています。患者さんのお口に入れて実際に合うかどうかをじっくり検証した上で作製するため、ピッタリ合うものを作ることができるのです。

作り物の歯とはいえ、患者さんには本物の歯と同じ感覚で使っていただきたいと考えていますので、決して「一発勝負」の仕事はいたしません。

詰め物の紹介

※クリックすると拡大します

被せ物の紹介

※クリックすると拡大します

  • ページの先頭に戻る