失った歯の機能を取り戻すなら「インプラント」

「インプラント」とは、歯を失ってしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上からセラミックなどの人工歯を装着して歯を再生する治療法です。入れ歯と同じように歯を補う「補綴(ほてつ)治療」のひとつですが、本物の歯と同じように骨に固定できるため、優れた噛み心地がよみがえります。

当社の技工物の特徴

「しっかり噛める」を重視したインプラント

インプラントを長持ちさせるために重要なのは、上部構造(インプラントに取りつける歯)が周りの歯とバランスよく噛み合い、正しく機能することです。上部構造に少しでもズレがあると、そこから口の中のバランスが崩れて虫歯や歯周病になりやすくなったり、インプラント自体が抜けてしまったりする可能性もがあるんです。

友和デンタル・スタジオでは、インプラントの上部構造を作る際には最初に必ず「仮の上部構造」を一度作り、途中段階で患者さんに装着していただいています。患者さんのお口に入れて実際に合うかどうかをじっくり検証した上で作製するため、ピッタリのものを作ることができるのです。作り物の歯とはいえ、患者さんには本物の歯と同じ感覚で使っていただきたいと考えていますので、決して「一発勝負」の仕事はいたしません。

インプラントの上部構造紹介

  • ページの先頭に戻る